サークルでの出会いの話

未分類

 サークルに新たに新入部員がやってきた。

私はその中の1人の男の子が気になっていた。だが入部してまだ1か月。

距離が縮まるはずもなかった。


 そんなある日、部室で雑談をしていた。


「僕ズートピアを見に行きたいんですよね」


 当時話題になっていた映画だ。


「最近話題だよね。私もちょっと気になってたんだ」


「じゃあ、行きますか?」


 思いの外、とんとん拍子に決まった。

 少々緊張した面持ちで、映画館に向かった。

映画が始まる前、仲の良い友達にメッセージを送った。


『今から気になっている彼と映画を見て来る』


 それを見た彼は、「何してるんですか~?」と、あろうことか私のスマホを覗いてきたのだ。

必死で誤魔化したが、見てはいけないものを見てしまった、という彼の顔が一目瞭然だった。

 そこで映画の上映が始まった。

なんとなく気まずい空気の中始まった映画は、全くと言っていいほど内容が頭に入ってこなかった。

 映画を見た後、彼の提案で夜ご飯も一緒に食べることになった。


「さっきのメッセージ、先輩の好きな人って僕のことですよね」


 それ触れる? そして自分で言う? と思ったが、頷く以外の手段が見つからなかった。
「でも、僕好きな人いるんですみません」


 分かっていた。だから少しずつ仲良くなろうと思っていたのに。このタイミングで告白する気もなかったのに。


 外は雨だった。彼が、申し訳なさから私の家まで送ってくれた。彼は自分の家に帰る途中で終電をなくし、寒空の下で一夜を明かしたそうだ。

「あれからよく考えたんですけど、見込みのない好きな人を追うより、自分のことを好きでいてくれる人と一緒にいるほうが幸せかなって。

先輩、僕のこと大事にしてくれますか?」

 どういう心境の変化があったのか、彼の方から付き合うことを切り出してきたのだった。

もちろん、私にとっては願ってもみない展開で、すぐに承諾したのだったが、何か違和感を覚えた。

告白したわけでもないのに振られて、一晩悲しんで気持ちを切り替えようと思っていたら、告白したわけでもないのに付き合うことになって。

私は一体何をやっているんだろう。彼とは3か月しか続かなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました